私が所有しているマンションを貸したいと思った時の事

業者のナビゲートでスムーズに賃貸経営

ちょうど当時の私は仕事をお休みしていたので平日もどれだけでも自分の為に動く事が出来ました。
そのお陰で役所等に行く時間も十分あったのですが、今思い返してみると結構色々な書類を用意する必要があったな、と言う事を覚えています。
対応してくださった業者さん自体が、どうやら私の友人から私の事を良く説明さていたようで、私に合わせて必要な書類を用意する為のチェックリストを作ってくださっていました。
私はそれを見て必要な物を用意するだけで済んだ、と言う形です。
私が色々と書類を用意したりしている間に、もちろん私のマンションを借りたいという人を業者さんは見つけておいてくれました。
どれくらいの家賃で貸すべきなのかと言う事も私は全く分かっておらず、とりあえず固定資産税の分位は払えれば良いかな、そんな風に思っていた程度でしたが、相場に見合った家賃を決めて貰う事も出来、借主を見つけて貰う事も出来のたで良かったです。
私みたいに何も知らない状態でマンションを貸したいと思う人はもしかしたら少ないのかもしれませんが、慣れていない初心者の人でも業者さんに相談すればスムーズに手続きを進めて行く事も出来るし、もちろん借りたい人を見つけて貰う事も出来ると思います。
私の場合は自分で何とかするのではなく、こうして業者さんに殆どお願いする事が出来たのは本当にラッキーでした。
多分、自分で全てを行おうとしたら今でもまだ誰にも貸す事が出来ずにそのままマンションを所有した状態だったかもしれません。
誰も住む事無く、ただ単に管理をしていく、税金を払い続けて行くというのはやはり凄く勿体ない事だと思っています。
しかし今ではその分のお金は全て家賃収入で賄う事が出来ているので、私としてはあの部屋を相続したのは良かったと思っています。
もちろん相続してすぐに手放すのではなく誰かに借りてもらう事にしたのも、結果としては良かったかな、と実は思っています。

マンションを貸したい!…でもどうやって?マンションを貸すまでには手続きがいっぱい業者のナビゲートでスムーズに賃貸経営